理事紹介:高橋康志 商工会議所理事・日本人会運動部長 (豪州三井物産)

皆様こんにちは。豪州三井物産の高橋です。昨年4月にメルボルンに赴任し、約1年になります。

 

これ迄の海外経験は、ロンドン1年(1986-1987)、ニューヨーク計9年(1993-1998、2006-2010)で、豪州に駐在するのは初めてです。ただ、30年近く豪州の鉄鉱石や石炭の事業に携わり、何十回も出張訪問しましたので、豪州は私にとって大変馴染み深い国です。今回の職務を拝命したのも、「これ迄お世話になった豪州の発展に貢献すべし」という恩返しと捉えており、気を引き締めております。

メルボルンは、英エコノミスト誌により3年連続で「世界一住みよい街」に選ばれました。街並みはどことなく欧州調でカフェや美味しいレストランが多く、美しい自然と世界的ゴルフ場に恵まれ、又全豪オープンテニス、F-1、フッティー決勝、メルボルンカップと魅力的な大イベントが年中行われる都市です。ビジネス面では鉱業・製造業の中心という性格を帯びており、シドニーが金融・サービス産業の中心であることと好対照です。

弊社豪州三井物産は、昨年4月に本社機能をシドニーから当地メルボルンに移しました。ヴィクトリア州政府や当地コミュニティーには本社移転を大歓迎して戴き、感謝しております。ささやかですが私も、商工会議所・日本人会の中で、日本とメルボルンの様々な草の根交流と、この素晴らしい街に暮らす会員同士の親睦のお手伝いをし、お役に立てる様微力を尽くす所存ですので、宜しくお願い致します。

 

今期、日本人会では運動部長として、春・秋のソフトボール大会設営等をお手伝いしております。毎回十数組のチームが参加する人気イベントで、私も昨年11月の大会では弊社チーム「三井ポテンヒッツ」の一員として決勝戦を含め4試合全てに出場しました。グラウンドで思い切り体を動かし、仲間たちと思いを一つにチームプレーをしたことは、一体感溢れるとても爽快な体験でした。この大会は会員親睦が目的ですので、誰でも参加出来る様、ピッチャーが緩やかなボールしか投げないことや、チームに必ず「女性ないし55歳以上」を2名加えること等、ルールを工夫しております。未だ参加されていない皆さんも、次回5月の大会に奮って参加下さるのをお待ちしております。

 

又、今年2月の夏祭りでは、私共はキリン/ライオン様との協業で生ビール販売をさせて戴きました。私も生来お祭り好きなものですから、同僚十数名と共に講習と試験を受けヴィクトリア州アルコール販売免許を取って気合い充分で臨み、お蔭様で昨年の倍の売上を達成できました。(売場で客引きの口上を述べていたのは、実は私です。)

 

末尾ですが、昨年50周年を迎え、今年から新たな半世紀を歩みだすメルボルン日本商工会議所と、日本人会会員各社様の益々のご発展を祈念申し上げます。

(Visited 348 times, 1 visits today)